健康診断の結果で悪い数値が

会社などでは定期的に健康診断を行なっていますが、毎年健康診断で悪い数値が出てしまう事もあります。


ある程度の年齢になると、どこかしら悪い部分が出てくるのですが、
食生活などを見直すことでその数値が良い方向に向う事も少なくありません。


コレストロールが高い原因と言うのは、身体の中にある脂質異常症とも言われるもので、食べ過ぎなどが原因こともあります。


そのため、過食を控える事がコレストロール値を下げる治療とも言えるのです。
血液の中に溶けている脂質というのは、コレストロールやリン酸などの脂質成分であり、これらは食べ過ぎなどにより増加してしまうため、コレストロールが高い原因にも繋がるのです。


また、現代人はファーストフードや加工品などを食べるケースが多くありますので、 これらもコレストロールが高い原因にも繋がるのです。


食べ物により脂質が増える事でコレストロールの値は増加する事になりますので、 脂質が増えずに体内で分解されるような、栄養バランスを考えた食事をする事や、過食をしないと言う事が大切なのです。


胃袋と言うものは、食べ過ぎと言う行為を続ける事で、それになれてしまい、過食をしがちになります。 また、夜遅く食事をするのも健康にはよろしくありませんので、少なくとも寝る2時間前までには食事を済ませるなどの工夫が大切なのです。


いずれにせよ、過食をしないこと、栄養バランスを考えて食事を摂る事、そして寝る前に食べ物を食べない事などが大切なのです。

トップに戻る